価値観の形成について

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

新年度が始まって早くも2週間が過ぎようとしています。3月に教室を卒業した○○や△△は元気にしているのだろうかと心ひそかに気になっています…。
 改めてご進学並びにご進級なされた皆様心よりおめでとうございます。
これからの人生においても学生生活は、非常に価値のあるものなので充実した実りある日々になることを心よりご祈念申し上げる次第です!!

さて、表題にありますように価値観というものについて考えてみたいと思います。学生から社会人へと成長する中で、様々な決断をしていくものではないでしょうか?
そうした中で物事を判断するときに必要なものが価値観だと思います。
価値観とはある意味では物差しのようなものかもしれません。
森羅万象あらゆる事象に対して個々人がどのような思いや考え方を抱くのか、そういった思想信条を形成していく材料として必要であるのかなとも思います。

価値観を形成する前提としてある種の“理”が必要であるのではないでしょうか。
例えば、「法を犯すと罰せられるから違法行為はしない」、「○○さんにあのことを言うと傷つくから言うのはやめよう」といったところです。
前者の例は法を守るという倫理観や規範意識をもとになっており、後者の例は人生を営む中で生まれた人と人とのかかわりあいの中から生まれたものです。

これらの例を大きく分類すると2つに分類できます。
①一般則:法律や経済的損失を考慮した上での物事の価値観
②経験則:実際に経験した事柄をもとにした物事の価値観

 先ほどの前者の例は①、後者の例は②に当てはまると思います。どちらの“理“についても優劣を決めるものではなく、状況や環境によって個々変化しうるものです。
 
一般則は学校生活の中でたくさん学ぶことになります。校則や交通マナーと類の指導や授業が嫌というほど行われると思います。
これは少なからず大人が守れていないからこそ指導が嫌というほど行われるのです。
他方、経験則は誰かに教わるものでもなくその人自身が様々な実体験からしか学ぶことはできません。
新たなことにチャレンジや、人とのかかわりの中で学び活用していきます。
したがって新しい環境になった今だからこそチャレンジをすることが価値観の形成という点で役に立つのです。

現代社会においては、AIの導入やIoTと呼ばれるような産業構造の変化が急速に進んでいます。
10年前の自分を振り返ってみても、現在の現状を想像すらできませんでした。ゆえに先の10年がどのような現実が待ち受けているのか知る人は存在しません。

だからこそ、自分自身の価値観を持つことによって自分自身にとって最良の選択ができうるのだと思います。
それぞれの今後の人生が最良のものになることを願ってやみません。

長文、乱筆になりました・・・。

話も変わりまして、あっという間に中間試験が迫ってきます!
新年度初めての試験ですより良いスタートが切れるよう全力で頑張っていきましょうね!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

世界レベル

個別指導塾の学習空間、前橋大島、高崎筑縄教室の清水です!

桜もピークを過ぎ、少しずつ暖かくなっている今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、私は毎年3月の連休を利用し、海外に出かけています。今年はベルリンとウィーンへ出かけてきました✈(安かったのでバンコク経由で……)

旅の目的は2つありました。1つ目は世界レベルの音楽にふれること,2つ目は世界で活躍する日本人の頑張る姿を見て自分の糧にすることです。

ベルリン・フィル・ハーモニー管弦楽団,誰もが認める世界一のオーケストラで,樫本 大進氏がコンサートマスターを務めています。現地で音を聴いた瞬間,音が分厚いだけでなく,表現力に富み,かつサウンドが伝統にとらわれず新しい…「これがベルリン・フィルか!」と思いました。事務局の方にお話を伺う中で感じたことですが,ベルリン・フィルの音がすばらしいのは,個々の演奏レベルが世界トップクラスなのはもちろん,団員1人1人が平等に議決権を持ち,自分達で音楽監督を選出し,団員1人1人がより良いサウンドを目指し,真正面から音楽に取り組み,伝統にとらわれず常に新しいものを求めていく姿勢です。かつてヘルベルト・フォン・カラヤンが音楽監督を務め,私自身も小さいころからCDが擦り切れるぐらいに演奏を聴いた,世界一の楽団を目の前にし,子どものような感動を覚えました。

トーンキュンストラー管弦楽団,ウィーンで110年の歴史を誇るオーケストラで,楽友協会(ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートで中継される黄金のホールです)を本拠地とし,現在では佐渡 裕氏が音楽監督を務めています。メインはマーラーの交響曲でしたが,それ以上に印象に残ったのはプログラムの初めに演奏された,武満 徹作曲「波の盆」です。曲全体がややしさに包まれ,祈りを捧げるような曲なのですが,ちょうどその日は3・11の前日で(日本は日付が変わり3・11当日で),現地の方もこの武満サウンドに真剣に聴き入っており,楽友協会全体が深い祈りに包まれている光景に大変感動しました。佐渡氏は年間100公演,ウィーンと日本の間を1ヵ月に平均2往復する大変多忙な生活を送られているそうです。音楽の素晴らしさを日本のみならず,世界に広げようとする姿,世界の伝統オーケストラを相手にすばらしいサウンドを創る姿を見て,私自身も頑張らなければという気持ちになりました。

音楽と教育,分野は全く異なりますが,様々な面で通じることはあるはずです。私自身も現状に満足せず,よりよい教室,よりよい指導を目指して,また,1人でも多くの人に勉強の楽しさ,1つの目標に向かい本気で努力ことの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

新学期が始まりました!!!

個別指導塾の学習空間、高崎足門・伊勢崎南教室の小林です!
28回目の更新になります。よろしくお願いします。

つ、ついに新学期が始まりましたね!!
新しい生活に心を躍らせてる人は多いのではないでしょうか。
新しい出会いがあるなかで、今年はどんな出来事が起こるのか私もわくわくしています。

今年はGWが10日間もあります!!

とても長いですよね・・・
何しようか迷ってしまいます。

心理学の本でも読もうかな、心理学って結構面白いですよね!!!
とまぁ、今回は内容も中身も薄くて何もないのですが、これで終わりにします。

  それでは、また次回にお会いしましょう!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

宿題への取り組み

個別指導塾の学習空間、高崎筑縄・伊勢崎南教室の渡辺です!

昨日今日になってやっと暖かくなりました!

3月末は春のはずなのにとても寒かったため、
出かける際に何を着たらよいかすごく迷っていたのですが、
これで心おきなく春服が着れます!

こうやって冬が終わっていくのと同じように、
皆さんの春休みも終わっていきます笑

春休みの宿題は終わってますか?
見ていると宿題の量は本当学校によって様々です。

1ページもない学校もあれば100ページ以上宿題を出す学校もあります。
かといって宿題を多く出している学校の方が全体としてレベルが高いかというと
そうではない気もします。
多く出し過ぎても最終的に結局答えを写してしまうようでは、
意味がありません。
結局は本人自身が素直に取り組めるかが重要になります。

もし宿題に悩んでいるといった事があったら、
是非相談してくださいね(^_^)/

群馬の塾なら個別指導の学習空間

令和と平成、春と新学期。

個別指導塾の学習空間、前橋総社&前橋小出教室の畠山です!
4月になって暖かくなってきましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

4月1日に新元号が発表されましたね!
「令和」でしたけども、皆さんの予想は当たっていましたか??

生きている中で元号が変わることを経験するとは思っていませんでしたが、
発表されてもなんだかまだ実感はありませんね(笑)
5月にきちんと新元号に変わって、
自分で書くようになれば実感もわくんでしょうか??
そこも含めてこれからがまた楽しみです☆

新生活や新学期も始まりますが
頑張っていきましょう!! :-)

群馬の塾なら個別指導の学習空間

花粉 襲来

個別指導学習空間 高崎飯塚教室の中村です。

最近すっかり暖かくなり、外に出る機会も増えてきました。
先日は学習空間のバスツアーでTDLに行ったり、昨日は公園で遊んだり☆

ただね…いるのよ…どこもかしこも…
花粉!花粉!

僕は特に目に出るので本当にかゆい!ひどいと指導中に室内なのに涙が出るほど…
目薬は苦手なのですが、この時期だけはないと耐えられません!

花粉がなくなると緑も増えず困るのでしょうが、こんなに花粉をまかなくてもと思うこの頃です。

そういえば桜の満開宣言が出たのかな?
桜が咲いていよいよ新学期!また1年頑張っていきましょう!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

TDL☆

個別指導塾学習空間、高崎飯塚・伊勢崎東教室の亀山です。

本日、3月23日(土)は校外学習会バスツアーです。
今年度群馬エリアは東京ディズニーランドに行きました!

朝早い時間の出発でしたが、ディズニー効果でみんながどきどき・わくわくの状態でした。

ディズニーランドは卒業式を終えた学生や土曜日の影響ですごい混み混みでした。

アトラクションも100分待ちが当たり前でした・・・
そして午前中は雨も降り、すこし寒かったです。

しかし、参加してくれたみんなは久しぶりのディズニーということもあり、充実した時間を過ごしていました。

自分自身も数年ぶりのディズニーランドでしたがとても満足しました♪

参加者の皆さん、気温が低かったこともあるので風邪を引かないように気をつけてください。
今学期もあと2日ですので、月曜日からの学校エンジョイしてください(^O^)/

群馬の塾なら個別指導の学習空間

スマホが壊れるのがいちばん困る

個別指導塾の学習空間、高崎足門・伊勢崎西教室の酒田です。

最近、自分のスマホの調子が悪くなってきました。
不具合が起き始めるのが早いなと思いつつも、よく考えれば購入して1年近く、
私は1日に最低1回はスマホを落とすので、その度に激しい衝撃が襲います。
それを考えるとむしろ私からの不当な「仕打ち」に耐えてよく頑張ってくれたな、
とも思います。

わずかではありますが画面にヒビが入っていますし、「少し早いけど買い換えようか・・・」と思い、
スマホの契約内容を確認したところ、今買い換えると金銭的に少し損をしてしまうということがわかりました。
契約内容をよく見ていくと、改めて携帯会社は上手い商売をしているなと思います。

早く買い換えの時期が来てほしいものです。iPhoneにしようか迷う・・・。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

最近の話から

個別指導塾の学習空間、前橋大島、高崎筑縄教室の清水です!

3月に入ってから雨が降るようになり、少しずつ春を感じる今日この頃です。

さて、2月21日(金)は前期入試の発表がありました。「先生、合格(うか)りました!」生徒達のとびきりうれしそうな笑顔。その笑顔を見ることが私達講師のエネルギー源です。改めて合格おめでとうございます!今までの頑張りに心から拍手を送ります。

一方思うように結果を出せなかった生徒も少なからずいると思います。1つの目標に向かいどんなに全力で取り組んでも思うように結果が出ないこともあります。それが人生です。私も高校受験を失敗した身で、不合格通知を手にし、誰にも見せることなく一人悔し涙を流したのをついこの間のことのように思い出します。塾に来て落ち込んでいる生徒に私はこう声を掛けました。
「今ある自分の環境に感謝しよう。お前だったらもう1度頑張れる!そう言ってもう1度だけ頑張るチャンスをもらったんだよ。後期入試まであと14日。ここでどれだけ頑張れるか試されてるんだよ。逃げずに真正面からぶつかっていこう!そして大人になった時『あの悔しさがあったからあの時あれだけ頑張れました!あの頑張りがあったからこれだけ成長できた私がいます!』って笑って言えるように今全力で頑張ろう!」
何を考えていたでもなく、生徒の悔し涙を見てふと出てきた言葉でした。

私自身それに気付いたのは大人になってからの事です。全力でやってもなかなか思うように結果が出ないこともあります。そんな時、どんな境遇であれ、周りで支えてくれる人、今ある環境に感謝するようになってから、少しぐらいの困難でめげない強い自分がいるような気がします。

私の生徒でいてくれてありがとう!私を一緒に成長させてくれてありがとう!入試まであと4日、今日は最後の直前講習でしたが、誰もががむしゃらにがんばっていました。後期入試まであと4日!私も皆さんと一緒に入試まで全力で突き進みます!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

受験のその先・・・

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

中学3年生や高校3年生は現在受験シーズン真っただ中だと思います。
一方で、中高の1,2年生は学年末試験に向けて必死で勉強をしているところだと思います。

今やるべきことをきちんと行っていけば必ず道は開けるのでこのままあともう少し頑張りましょうね(*’▽’)

さて、タイトル通り受験勉強について今回考えてみたいと思います。

よく「学校の勉強なんて役に立たないよ・・・」とか「将来役に立つの?」と
話す生徒がいます。

実際に学校の勉強を実生活の中で使用している大人がどれほどいるのでしょうか?
恐らく学校の先生や我々のような塾講師でなければ社会人で5教科の学習内容を直接生活の中で
使用する大人はほとんどいないと思います。

学校という小さな社会においては、ややもすると模擬試験の成績や入試の合否がその人自身の
価値のような共通認識が生まれうる状況にあります。
学校の成績や入試の結果は一人の人間の一生においてはほんの1場面でしかありません。
ましてや勉強の成績は、足が速かったり、絵をかくのが上手であったりといった
その人自身の一つの個性でしかありません。

それでは学校の試験や入試は何のために存在しているのでしょうか?

私自身
「目標を設定しそれを達成するために努力をする訓練」の機会だと考えています。

テストや入試という予め設定されたゴールに向けて自分自身の課題を
目標までの時間を逆算し、克服するために必要なことを実施していくものではないでしょうか。

この定義に則って考えてみると、一つの試験や入試が自分自身を成長させ、
社会で活躍するための練習の場であると思います。

学校と社会の大きな違いの一つは、評価の対象が異なるというところがあります。
学生であれば結果以前の「過程=目標に向けてどれだけ頑張ったのか」も評価の対象ですが、
社会に出ると仮定はもとより「結果」が評価の対象となります。

結果を出すためには、当然結果を出すためには今必要なことを分析し、
それに向けた行動をしなければ付いてこないでしょう。
(↑私自身書いていて恥ずかしくなるほどこれが苦手です・・・。)

ゆえに、難関大学や有名大学の学生が就職に強いということにつながるのだと思います。

しかしながら、繰り返しになりますが学業だけでその人自身の価値が決まるわけではありませんし、
一生が決まるわけでもありません。人柄であったりコミュニケーション能力であったりと複合した要素をもとに
人間の価値が決まるのです。

試験や入試をライフステージの中の一場面と時間軸の横軸で切るのではなく、
成長するための一場面であるように時間軸の縦軸で捉えることにより知識の習得ということだけではない
更なる価値を創造することができるのではないでしょうか。

今入試のことを考えると不安になる人がほとんどだと思いますが
将来にどう生かされてくるのかを考えてみるのもいいかもしれませんよ・・・!

ともあれまずは目の前のことしっかりと行って思い残すことがないように
残りの期間全力で頑張っていきましょうね!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間