前橋大島教室

An die Freude♫

個別指導塾の学習空間、前橋大島・高崎筑縄教室の清水です!

ほとんどの学校がテスト対策期間に入ることかと思いますが,提出課題は順調に進んでいますか?この連休を利用して,学校で習った範囲まではしっかりと終わりにしておきましょう。

さて,今秋ベルリンフィルの音楽監督にキリル・ペトレンコ氏が就任しました。彼が先日の就任記念コンサートの曲目に選んだのはベートーヴェンの第九。今年はベルリンの壁崩壊から30年,来年はベートーヴェンの生誕250年ということもあり,非常に良い選曲だと感じました。

ペトレンコ氏は述べます。「今世界で起きている良い目も,悪い面もすべて宇宙に持っていくとしたら,私はこの曲以外に無いと思うんです。」

この曲が作曲された当時,ドイツはフランス革命が起きていました。絶対王制から共和制へ,民衆が手を取り立ち上がった人間味が溢れた曲です。それから200年後,ドイツは冷戦で分断の時代が続いていました。一夜にしてベルリンには壁が築かれ,冷戦の象徴となっていました。その後壁は崩壊し,ドイツは再統一を果たしました。

第九は今なお平和を象徴する歌として歌い継がれています。

そういえば9月20日(金)にオープンする高崎芸術劇場のこけら落とし公演もベートーヴェンの第九なんですね。第九がこれからも平和を象徴する歌として,時を超え,世代を超え歌い継がれますように。

【歌詞】
Freude, schöner Götterfunken,
Tochter aus Elysium,
Wir betreten feuertrunken,
Himmlische, dein Heiligtum!

Deine Zauber binden wieder,
Was die Mode streng geteilt,
Alle Menschen werden Brüder,
Wo dein sanfter Flügel weilt.

歓喜よ,美しい神々の火花よ,
天上の楽園の乙女よ!
私たちは情熱の中に酔いしれて,
崇高なあなたの聖所に足を踏み入れる,何と神々しい!

この世の習わしが厳しく分け隔てたものを,
あなたの聖なる偉力が再び結び合わせる
あなたの穏やかにたゆたう翼のもと,
すべての人々は兄弟となる。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

○○の秋

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

まだまだ暑いですが、日に日に過ごしやすくなっているように最近感じてきました。
猛暑といわれた夏が数日前のことでありましたが、遠い日のように感じる今日この頃です。

これから10月にかけてほとんどの学校で中間試験が始まります。
学習空間ではおよそテスト2週間前からはテスト対策期間として
毎日通塾して勉強することになっています!!
※普段来る日だけ頑張ればいいわけではありませんよ( ^ω^)・・・

やはり、毎日塾に来て勉強している生徒は普段の曜日だけ来ること比べ
成績アップしている割合は圧倒的に高いです!!

なので、疲れて大変かもしれませんが毎日塾に来て
頑張って勉強していきましょうね♪

タイトルにあることを触れるの忘れていました・・・汗

これから秋が訪れますよね~
皆さんどんな秋にしたいですか??

私はダイエットの秋にしたいです(←これ切実・・・(-_-;))

過ごしやすい季節がやってきますので、
ここが高校・大学受験生の正念場!!

本格的な受験シーズン到来を前に
充実した”秋”を過ごしていきましょうね☆彡

群馬の塾なら個別指導の学習空間

かけがえのない夏

個別指導塾の学習空間,高崎筑縄,前橋大島教室の清水です!

関東はなかなか梅雨が明けませんが,台風が通過し蒸し暑い1日となりました。今の時期はまだ暑さに身体が慣れていないので,引き続き体調管理をしっかりしていきましょう。

25日から夏期講習も始まりました。私の教室では中3生に関しては日曜を除き1日8時間,高3生に関しては日曜を除き1日10時間,受験に向けて死に物狂いで頑張ろうという話をしています。例年夏を通して意識が変わる生徒がほとんどですが,今年は特に1人1人の意識が高く,私としても非常にやりがいがあります。受験は辛いものかもしれません。しかしこの夏を乗り越えて,1つのターニングポイントにしてもらいたいと思います。「あの夏があってよかった!」そう言ってもらえるよう,私も生徒達に負けず死に物狂いでぶつかっていきます!

しかし,他の先生も書いていますが,時にはリフレッシュが必要です。私個人的には日曜日ぐらいオフにしても良いと思います。(ただしこれは言いかえると月曜日から土曜日までは日曜日の分まで死に物狂いでやるということですよ!)総じて受験生を見ていると,目先の点数,偏差値ばかりに意識が行きすぎてしまっているように感じます。一度何のためにその高校や大学に行くのか?高校や大学で何を学びたいのか?どのような高校生活や大学生活を送りたいのか,どの科目で何点ずつ取って合格点を取るのか,先のことを私達講師と一緒に考えてみましょう。また,合格してからやりたいことを紙に書けるだけ書いてみましょう。気持ちがリセットされ,受験勉強にもより身が入ります。

お互いこの夏をかけがえのないものにできるよう,全力で頑張っていきましょう!!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

振り返りの大切さ

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

 関東では梅雨入りしたとのニュースをみて少し涼しくなるかなと期待感を持っている自分と
また今年も猛暑になるのかなと戦々恐々している自分がいます…。
猛暑にならないように祈るばかりですね(*´Д`)
 今年もこの前年明けしたと思っていたところあっという間に上半期が過ぎようとしています。
年々時間が過ぎるのが早くなっていくのを感じ、自分自身の老いをまざまざと思い知らされています。

 いま現在多くの学校で期末テスト対策期間に入っています!中間テストと比べて期末テストは、範囲も広く内容も難しくなります。
 しっかりと対策をするためにもテスト週間は毎日塾に来て勉強を頑張りましょうね♪

 テストが返却された後が、実際には最も大切です!
 できなかった問題をもう一度やってみる。そうすると、何が分からなかったのか、どうすればできたのかが見えてきます。
 そうすることで少しずつできるようになっていきます。
 なので、テストの結果も大切ですが、その後にもしっかりと目を向けていきましょうね♪

群馬の塾なら個別指導の学習空間

期末テスト迫る!

個別指導塾の学習空間,高崎筑縄,前橋大島教室の清水です!

関東もいつのまにか梅雨入りしてしまいましたね。体調を崩しやすい時期なので,お互いにしっかり体調管理をしていきましょう。

ほとんどの学校はテスト対策期間に入っていると思います。その際,何点取りたいのか,何のためにその点数を取りたいのか,そのためにどこをおさえるのか明確にすることが重要です。テスト勉強は辛いかもしれません。しかし,目標を達成した時の自分をしっかりイメージできれば,あと一歩頑張ってみようと思えるはずです。

テストまで1日1日を大切に頑張っていきましょう‼︎

群馬の塾なら個別指導の学習空間

価値観の形成について

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

新年度が始まって早くも2週間が過ぎようとしています。3月に教室を卒業した○○や△△は元気にしているのだろうかと心ひそかに気になっています…。
 改めてご進学並びにご進級なされた皆様心よりおめでとうございます。
これからの人生においても学生生活は、非常に価値のあるものなので充実した実りある日々になることを心よりご祈念申し上げる次第です!!

さて、表題にありますように価値観というものについて考えてみたいと思います。学生から社会人へと成長する中で、様々な決断をしていくものではないでしょうか?
そうした中で物事を判断するときに必要なものが価値観だと思います。
価値観とはある意味では物差しのようなものかもしれません。
森羅万象あらゆる事象に対して個々人がどのような思いや考え方を抱くのか、そういった思想信条を形成していく材料として必要であるのかなとも思います。

価値観を形成する前提としてある種の“理”が必要であるのではないでしょうか。
例えば、「法を犯すと罰せられるから違法行為はしない」、「○○さんにあのことを言うと傷つくから言うのはやめよう」といったところです。
前者の例は法を守るという倫理観や規範意識をもとになっており、後者の例は人生を営む中で生まれた人と人とのかかわりあいの中から生まれたものです。

これらの例を大きく分類すると2つに分類できます。
①一般則:法律や経済的損失を考慮した上での物事の価値観
②経験則:実際に経験した事柄をもとにした物事の価値観

 先ほどの前者の例は①、後者の例は②に当てはまると思います。どちらの“理“についても優劣を決めるものではなく、状況や環境によって個々変化しうるものです。
 
一般則は学校生活の中でたくさん学ぶことになります。校則や交通マナーと類の指導や授業が嫌というほど行われると思います。
これは少なからず大人が守れていないからこそ指導が嫌というほど行われるのです。
他方、経験則は誰かに教わるものでもなくその人自身が様々な実体験からしか学ぶことはできません。
新たなことにチャレンジや、人とのかかわりの中で学び活用していきます。
したがって新しい環境になった今だからこそチャレンジをすることが価値観の形成という点で役に立つのです。

現代社会においては、AIの導入やIoTと呼ばれるような産業構造の変化が急速に進んでいます。
10年前の自分を振り返ってみても、現在の現状を想像すらできませんでした。ゆえに先の10年がどのような現実が待ち受けているのか知る人は存在しません。

だからこそ、自分自身の価値観を持つことによって自分自身にとって最良の選択ができうるのだと思います。
それぞれの今後の人生が最良のものになることを願ってやみません。

長文、乱筆になりました・・・。

話も変わりまして、あっという間に中間試験が迫ってきます!
新年度初めての試験ですより良いスタートが切れるよう全力で頑張っていきましょうね!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

世界レベル

個別指導塾の学習空間、前橋大島、高崎筑縄教室の清水です!

桜もピークを過ぎ、少しずつ暖かくなっている今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、私は毎年3月の連休を利用し、海外に出かけています。今年はベルリンとウィーンへ出かけてきました✈(安かったのでバンコク経由で……)

旅の目的は2つありました。1つ目は世界レベルの音楽にふれること,2つ目は世界で活躍する日本人の頑張る姿を見て自分の糧にすることです。

ベルリン・フィル・ハーモニー管弦楽団,誰もが認める世界一のオーケストラで,樫本 大進氏がコンサートマスターを務めています。現地で音を聴いた瞬間,音が分厚いだけでなく,表現力に富み,かつサウンドが伝統にとらわれず新しい…「これがベルリン・フィルか!」と思いました。事務局の方にお話を伺う中で感じたことですが,ベルリン・フィルの音がすばらしいのは,個々の演奏レベルが世界トップクラスなのはもちろん,団員1人1人が平等に議決権を持ち,自分達で音楽監督を選出し,団員1人1人がより良いサウンドを目指し,真正面から音楽に取り組み,伝統にとらわれず常に新しいものを求めていく姿勢です。かつてヘルベルト・フォン・カラヤンが音楽監督を務め,私自身も小さいころからCDが擦り切れるぐらいに演奏を聴いた,世界一の楽団を目の前にし,子どものような感動を覚えました。

トーンキュンストラー管弦楽団,ウィーンで110年の歴史を誇るオーケストラで,楽友協会(ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートで中継される黄金のホールです)を本拠地とし,現在では佐渡 裕氏が音楽監督を務めています。メインはマーラーの交響曲でしたが,それ以上に印象に残ったのはプログラムの初めに演奏された,武満 徹作曲「波の盆」です。曲全体がややしさに包まれ,祈りを捧げるような曲なのですが,ちょうどその日は3・11の前日で(日本は日付が変わり3・11当日で),現地の方もこの武満サウンドに真剣に聴き入っており,楽友協会全体が深い祈りに包まれている光景に大変感動しました。佐渡氏は年間100公演,ウィーンと日本の間を1ヵ月に平均2往復する大変多忙な生活を送られているそうです。音楽の素晴らしさを日本のみならず,世界に広げようとする姿,世界の伝統オーケストラを相手にすばらしいサウンドを創る姿を見て,私自身も頑張らなければという気持ちになりました。

音楽と教育,分野は全く異なりますが,様々な面で通じることはあるはずです。私自身も現状に満足せず,よりよい教室,よりよい指導を目指して,また,1人でも多くの人に勉強の楽しさ,1つの目標に向かい本気で努力ことの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

最近の話から

個別指導塾の学習空間、前橋大島、高崎筑縄教室の清水です!

3月に入ってから雨が降るようになり、少しずつ春を感じる今日この頃です。

さて、2月21日(金)は前期入試の発表がありました。「先生、合格(うか)りました!」生徒達のとびきりうれしそうな笑顔。その笑顔を見ることが私達講師のエネルギー源です。改めて合格おめでとうございます!今までの頑張りに心から拍手を送ります。

一方思うように結果を出せなかった生徒も少なからずいると思います。1つの目標に向かいどんなに全力で取り組んでも思うように結果が出ないこともあります。それが人生です。私も高校受験を失敗した身で、不合格通知を手にし、誰にも見せることなく一人悔し涙を流したのをついこの間のことのように思い出します。塾に来て落ち込んでいる生徒に私はこう声を掛けました。
「今ある自分の環境に感謝しよう。お前だったらもう1度頑張れる!そう言ってもう1度だけ頑張るチャンスをもらったんだよ。後期入試まであと14日。ここでどれだけ頑張れるか試されてるんだよ。逃げずに真正面からぶつかっていこう!そして大人になった時『あの悔しさがあったからあの時あれだけ頑張れました!あの頑張りがあったからこれだけ成長できた私がいます!』って笑って言えるように今全力で頑張ろう!」
何を考えていたでもなく、生徒の悔し涙を見てふと出てきた言葉でした。

私自身それに気付いたのは大人になってからの事です。全力でやってもなかなか思うように結果が出ないこともあります。そんな時、どんな境遇であれ、周りで支えてくれる人、今ある環境に感謝するようになってから、少しぐらいの困難でめげない強い自分がいるような気がします。

私の生徒でいてくれてありがとう!私を一緒に成長させてくれてありがとう!入試まであと4日、今日は最後の直前講習でしたが、誰もががむしゃらにがんばっていました。後期入試まであと4日!私も皆さんと一緒に入試まで全力で突き進みます!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

受験のその先・・・

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

中学3年生や高校3年生は現在受験シーズン真っただ中だと思います。
一方で、中高の1,2年生は学年末試験に向けて必死で勉強をしているところだと思います。

今やるべきことをきちんと行っていけば必ず道は開けるのでこのままあともう少し頑張りましょうね(*’▽’)

さて、タイトル通り受験勉強について今回考えてみたいと思います。

よく「学校の勉強なんて役に立たないよ・・・」とか「将来役に立つの?」と
話す生徒がいます。

実際に学校の勉強を実生活の中で使用している大人がどれほどいるのでしょうか?
恐らく学校の先生や我々のような塾講師でなければ社会人で5教科の学習内容を直接生活の中で
使用する大人はほとんどいないと思います。

学校という小さな社会においては、ややもすると模擬試験の成績や入試の合否がその人自身の
価値のような共通認識が生まれうる状況にあります。
学校の成績や入試の結果は一人の人間の一生においてはほんの1場面でしかありません。
ましてや勉強の成績は、足が速かったり、絵をかくのが上手であったりといった
その人自身の一つの個性でしかありません。

それでは学校の試験や入試は何のために存在しているのでしょうか?

私自身
「目標を設定しそれを達成するために努力をする訓練」の機会だと考えています。

テストや入試という予め設定されたゴールに向けて自分自身の課題を
目標までの時間を逆算し、克服するために必要なことを実施していくものではないでしょうか。

この定義に則って考えてみると、一つの試験や入試が自分自身を成長させ、
社会で活躍するための練習の場であると思います。

学校と社会の大きな違いの一つは、評価の対象が異なるというところがあります。
学生であれば結果以前の「過程=目標に向けてどれだけ頑張ったのか」も評価の対象ですが、
社会に出ると仮定はもとより「結果」が評価の対象となります。

結果を出すためには、当然結果を出すためには今必要なことを分析し、
それに向けた行動をしなければ付いてこないでしょう。
(↑私自身書いていて恥ずかしくなるほどこれが苦手です・・・。)

ゆえに、難関大学や有名大学の学生が就職に強いということにつながるのだと思います。

しかしながら、繰り返しになりますが学業だけでその人自身の価値が決まるわけではありませんし、
一生が決まるわけでもありません。人柄であったりコミュニケーション能力であったりと複合した要素をもとに
人間の価値が決まるのです。

試験や入試をライフステージの中の一場面と時間軸の横軸で切るのではなく、
成長するための一場面であるように時間軸の縦軸で捉えることにより知識の習得ということだけではない
更なる価値を創造することができるのではないでしょうか。

今入試のことを考えると不安になる人がほとんどだと思いますが
将来にどう生かされてくるのかを考えてみるのもいいかもしれませんよ・・・!

ともあれまずは目の前のことしっかりと行って思い残すことがないように
残りの期間全力で頑張っていきましょうね!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

冬から春へ・・・

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

いまは1月も半ばへと差し掛かり中3生は私立入試、高3生はセンター試験の対策で
慌ただしい日々を過ごしていることかと思います。

ぜひ自分の進路なので最後の最後まで後悔が無いように努力していきましょうね!!

最近自宅を出るとき家のすぐ近くの梅の木のつぼみが色づいてきました。
温かみのある薄紅色が、日々の寒さを忘れさせてくれる今日この頃です・・・。
柄にもなく花言葉を調べてみると、

梅の花言葉は・・・
【不屈の精神】だそうです!!
※インターネット調べです(>o<) 最近生徒達によく 「なんとかなる」という言葉をよく使います。 今の時期はとても悩みが多い時期だと思います。 ですが、大抵のことは何とかなります。 半年後の自分をぜひ想像してみてください。 「受験どうなるかな・・・?」、「将来どうなるんだろう・・・?」 なんて悩みを持っていると思いますか? そうです!そんなことはありません!! 1年、3年、5年・・・と時が経るにつれて悩みも変化していくのです。 先のことを考えても今考えてみても仕方がありません! 目の前のやるべきことをやることが大切なのです。 精神的に落ち着かないことも多いかと思いますが、梅のように 【不屈の精神】で乗り切っていきましょう。 必ずや、春になるころには希望に満ちた花が芽吹くことでしょう(^o^) 群馬の塾なら個別指導の学習空間