2019年 2月 の投稿一覧

受験のその先・・・

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

中学3年生や高校3年生は現在受験シーズン真っただ中だと思います。
一方で、中高の1,2年生は学年末試験に向けて必死で勉強をしているところだと思います。

今やるべきことをきちんと行っていけば必ず道は開けるのでこのままあともう少し頑張りましょうね(*’▽’)

さて、タイトル通り受験勉強について今回考えてみたいと思います。

よく「学校の勉強なんて役に立たないよ・・・」とか「将来役に立つの?」と
話す生徒がいます。

実際に学校の勉強を実生活の中で使用している大人がどれほどいるのでしょうか?
恐らく学校の先生や我々のような塾講師でなければ社会人で5教科の学習内容を直接生活の中で
使用する大人はほとんどいないと思います。

学校という小さな社会においては、ややもすると模擬試験の成績や入試の合否がその人自身の
価値のような共通認識が生まれうる状況にあります。
学校の成績や入試の結果は一人の人間の一生においてはほんの1場面でしかありません。
ましてや勉強の成績は、足が速かったり、絵をかくのが上手であったりといった
その人自身の一つの個性でしかありません。

それでは学校の試験や入試は何のために存在しているのでしょうか?

私自身
「目標を設定しそれを達成するために努力をする訓練」の機会だと考えています。

テストや入試という予め設定されたゴールに向けて自分自身の課題を
目標までの時間を逆算し、克服するために必要なことを実施していくものではないでしょうか。

この定義に則って考えてみると、一つの試験や入試が自分自身を成長させ、
社会で活躍するための練習の場であると思います。

学校と社会の大きな違いの一つは、評価の対象が異なるというところがあります。
学生であれば結果以前の「過程=目標に向けてどれだけ頑張ったのか」も評価の対象ですが、
社会に出ると仮定はもとより「結果」が評価の対象となります。

結果を出すためには、当然結果を出すためには今必要なことを分析し、
それに向けた行動をしなければ付いてこないでしょう。
(↑私自身書いていて恥ずかしくなるほどこれが苦手です・・・。)

ゆえに、難関大学や有名大学の学生が就職に強いということにつながるのだと思います。

しかしながら、繰り返しになりますが学業だけでその人自身の価値が決まるわけではありませんし、
一生が決まるわけでもありません。人柄であったりコミュニケーション能力であったりと複合した要素をもとに
人間の価値が決まるのです。

試験や入試をライフステージの中の一場面と時間軸の横軸で切るのではなく、
成長するための一場面であるように時間軸の縦軸で捉えることにより知識の習得ということだけではない
更なる価値を創造することができるのではないでしょうか。

今入試のことを考えると不安になる人がほとんどだと思いますが
将来にどう生かされてくるのかを考えてみるのもいいかもしれませんよ・・・!

ともあれまずは目の前のことしっかりと行って思い残すことがないように
残りの期間全力で頑張っていきましょうね!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

期待と不安。

個別指導塾の学習空間、前橋総社教室&前橋小出教室の畠山です!
2月も中盤に差し掛かりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

つい先日、高校の前期入試がありました。
みんな頑張ってきてくれましたが、
結果が出るまでは期待と不安が入り混じった気持ちになっていると思います。

結果が出るのは21日。
たったの1週間ですが、長い一週間に感じますね。。。

ですが、前期の結果も気になりますが
後期入試が本番だと思っていまも頑張りましょう!
結果が気になって勉強が手につかないと感じるときこそ
他の人と差をつけるチャンスです!!

後期入試までもあと約3週間。
ラストスパートを掛けていきましょう!
目標に向かって一緒に頑張りましょうね☆

群馬の塾なら個別指導の学習空間

豆まきは黒ですか?白ですか?

個別指導塾の学習空間、高崎足門・伊勢崎南教室の小林です!
27回目の更新になります。よろしくお願いします。

2月に入りましたね。節分とバレンタインデーがありますね。
節分とバレンタインデーって繋がりが全くないように思いますが、“豆”として考えると繋がっていますよね。
豆まきでは、大豆を使うのが一般的だと思います。その中で黒大豆を使うのか、白大豆を使うのかは家庭によって違うかもしれません(私の家では、白大豆です)。
また、バレンタインデーのチョコもカカオ豆です。
ここに“豆”繋がりがありました!!
と、前置きはこのくらいにしておいて。

受験シーズンもいよいよ佳境に入ってきました。受験生でなくても学年最後の期末テストも迫ってきました。寒さに負けず“豆”を食べてこまめに勉強をしていきましょう!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

 それでは、また次回にお会いしましょう!

インフルエンザ大流行!

個別指導塾の学習空間、高崎筑縄・伊勢崎南教室の渡辺です!

今年はインフルエンザ患者数が過去最多らしいですね…(^_^;)
確かに毎週誰かしらからインフルエンザでお休みしますという連絡をもらっている気がします。

私は今回初めて学校閉鎖というクラスや学年がお休みなのではなく、
学校自体がお休みになるというのを聞いたので、
手洗いうがいなど基本的なことをしっかりやりましょう!

ちなみに私はインフルエンザではありませんが、最近偏頭痛になってしまいました…。
チョコレートの食べ過ぎが良くないそうなので気をつけます(笑)

来週にはいよいよ公立高校の前期入試、
大学入試は私立の一般入試が現在ピークかと思います!

本番で全力が出せるよう、万全の態勢で臨みましょう!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

節分っていったい??

個別指導の学習空間、高崎飯塚教室の中村です。

本日は節分ということで、節分について調べてみました。
自分のイメージでは豆まきや恵方巻を食べて1年の健康を祈るものと考えていたのですが、なぜ豆をまいたり恵方巻を方角を向いてかじるのかと言われると…実は何にも知らないので、ちょっと紹介してみようと思います。

そもそも節分とは各季節の区切りの1日前のことだそうです。つまり年間4回あるんですね!メジャーなのは春だけなので意外でした!
季節の変わり目には鬼が発生するとされていて、それをよけるために豆まき、また無病息災を願って年の数だけ豆を食べるそうです。昔はよく食べていましたが、今、年の数食べるのは結構きついですね…

では恵方巻は?

調べてみましたが、説が多すぎてわかりません。もしかすると某コンビニがは地域の風習を拾って初めてことが広まったきっかけではとまで書いてありました。
バレンタインのチョコと言い節分の恵方巻といい、なんだかうまいこと商売しているなと笑ってしまいました。
ただ、縁起物ではありますので、受験生の成功と、塾のみんなの健康を祈って、一本丸かじりしようと思います★

今年の方角は東北東だそうです!!

受験生は追い込みまっただかかで大変だと思いますが、頑張っていきましょう!

群馬の塾なら個別指導の学習空間