学習塾

雑感:‘空気‘という名の魔物

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

中国の武漢市を起因とする新型ウィルスの影響により、
全世界が深刻な影響を受けています。
終息時期の見通しが立たない中で、
老若男女を問わず不安に苛まれているというのが現状ではないでしょうか。

このような未知なるウィルスに対して、昼夜を問わず対峙し続けている
医療従事者の方々に対して心より敬意を表します。

テレビや新聞、インターネットのニュースで、
いわゆる”自粛警察”と呼ばれる人々からの攻撃や
他方、twitterではハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」をつけた抗議の運動が
専門家だけでなく芸能人の方々を巻き込んだ一大ムーブメントかのような
動きを見せたりもしました。

さて、これらの事象に対してみなさんはどのような感想を抱いていますか?
「緊急事態宣言の最中に外出しているのはおかしい・・・。」
「こんな非常時なのに検察のことをやっている暇があるのか・・・。」
等々、様々な印象や感想を抱かれると思います。

それらの感情論に対しての賛否は私にはありません。
このような感情論とは異なる所に私は注目をしています。

それは・・・
「各事象について皆さん理解していますか?」
ということです。

いわゆる‘自粛警察‘の方々は、
新型ウィルスに対しての知見を持ち合わせているのでしょうか?
緊急事態宣言の宣言内容を一度でも目にされているのでしょうか?

また、twitterで話題を生んだ抗議運動に参加している方々は
法案を一度でも読まれているのでしょうか?
この法案がいつから議論されているのか知っているのでしょうか?

改めて、私自身これらの事象に対して賛同も反対もしません。
なぜなら、お恥ずかしい話、勉強不足で分からないからです・・・。

当然ながら他人を傷つける行為は許されるものではありません。

乗法を得るために様々なメディアからニュースを見ていても、
どうも”良い点・悪い点”や”正しい・正しくない”のような情報の区別がなされていないように感じるのです。

このような混沌とした状況で物事を正確に判断することはできませんし、
仮にできたとしても往々にして誤った判断をします。

現代社会は情報化社会の為、誰しもが様々な情報にアクセスすることが可能です。
ですが、大量の情報がある社会の中で、
もし誰か意図的に自らの目的を達成するために誤った情報を流していたとすると、
見識がなければ半ば盲目的に信じてしまうのではないでしょうか?
ある意味で”見えざる手”の如く瞬く間に誤った情報に侵食され、
忽ち誤った方向へと進んでしまいます。

思想信条は誰しも自由に持つことができ、何人たりとて脅かすことができるものではありません。
しかしながら、半ば強制的に受動された情報により思想信条が形成されることは
もはや意思を持たぬ”操り人形”と同然です。

”人間らしく”生きるためには情報を能動的に獲得し、自分自身の価値観に照らし合わせ
判断しなければならないと思います。

「何となく…」や「○○が言うから…。」と物事を決めていませんか?

”考えない”ことはとても楽に生きることができ、とても快適なことでしょう。
”考える”ことは様々なことを知らなければならず、とてもつらいことでしょう。

しかし、生きることは即ち考える=思考することです。
だからこそ、思考するための情報が大切なのです。
その為、一面的な情報は非常に危険なものなのです。

情緒的に、そして受動的に判断しない様”空気”という魔物に思考を犯されぬ様
まっすぐに生きていきたいです。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

新年度のはじまり

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

4月もはじまり、いよいよ例年であれば新年度に向けて
心躍らせている方々も多い所ではあるかと思いますが、
今年は中国は武漢市を起源とする新型ウィルスの蔓延により
社会生活の制限を余儀なくされている現状です。

普段の生活がいかに尊いものであったかを今一度認識させられている
今日この頃です。

情報も錯綜し何が正しく、何が誤っているのかも素人目には分かりかねることも多いです。
ですが、今できること感染を拡大させないために手洗い・うがいの励行、睡眠時間を十分にとる
マスクをつけることしかできないのではと感じています。

予防すること同時に他人にうつさないことも同等に大切なことかもしれませんね。

各学校の休校期間中も生徒たちの貴重な学習機会の損失を防ぐためにも、
教室は通常通り開講しております。
また、新規生徒も募集しております。

進学し学校についていくことができるか不安な人や、受験に向けて頑張りたい人、
今までの内容を復習したい人。
生徒一人ひとりの目標達成に向けて全力でサポートして参ります。

学習塾をお探しの方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

”やりたいこと”と”できること”

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

いよいよ2020年が始まりましたね♪

何といっても今年は東京オリンピックが開催される年なので、
是非見てみたいです!ちなみに、個人的に期待している競技は空手です。。。

一方で、大学受験生の皆さんはセンター試験が実施され、
大学受験の第一関門がようやく終了しいよいよ私大入試や国公立の2次試験が順次始まっていきます。

また、高校受験生の皆さんはは私立高校入試が多くの学校で終わり
前期入試や後期入試が控えています。

各学校でインフルエンザが流行しつつあるので、
体調管理に気をつけながら頑張っていきましょう!!

さてさて、受験生の皆さんにとってなぜ勉強するのでしょうか?
当然〇〇高校や✕✕大学に行きたいという気持ちがあるからだと思います。

所謂、”希望”や”願望”だと思います。
希望を叶えるために、努力し目標を達成することは
素晴らしいことだと思いますしとても大切なことだとも思います。

ここで戯れにこのような質問をされたときどのように答えますか?

『特技を教えてください。』

中々自ら自信をもって答えられる人は少ないのではないかと思います。
特技は自分が出来ることとやや乱暴ではありますが
言い換えることができます。
乱暴である理由が”自信を持って”という言葉を
加えることにより、明確な定義として成立するようになるのでは
ないでしょうか。

必ずしも”やりたいこと”と”できること”は一致しません。
このことは多くの人が認識している既知の事実です。
ですが、認識しているにもかかわらず多くの人が、
受容できていないのが現実だと思います。

自己評価と他者評価が存在する中で、どちらが正当性を孕むかは分かりません。
よく、自分の中で目標を決めて達成していくことが大切というようなことを聞きますが
私にとってはおためごかしのように思えてなりません。

現実社会においては他者評価が高まるからこそ
様々な機会に巡り合うことができるのです。

”希望”や”願望”が良い結果に繋がるとは限りません。
自分の願いが叶わない場合に、自分を責める人や他者を攻撃する人・・・。
その根底にあるのは私という個の存在否定だと感じているからではないのでしょうか。

”出来ること”に取り組むことが、他者評価の高まり最良の結果がもたらされるのです。

成長という”ありたい姿になろう”というまやかしの概念に踊らされることなく
”ありたい姿になるために出来ることに取り組む”本来の変化という言葉としての
”成長”をしなければならないと思います。

実現可能性をふと立ち止まって考えることが大切なことだと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

理想と現実

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

あっという間に今年1年も残り1か月半となりました。
今年やり残したことは、今年の内に後悔のないようにやっておきたいですね。

さてさて、これからいよいよ受験シーズンに突入していきます。
今学校では多くの受験生たちが、三者面談を終えられていたり、これから実施されたりと色々だと思います。
面談の中で実際に自分自身の志望校を絞っていくことになるのですが、その中で担任の先生から「〇〇高校/△△大学の方が安心だから…」「現状厳しいからこっちの学校にすればどう?」
といった形で志望校を変更する場合もあるのではないでしょうか…?

理想と現実は往々にして異なります。それは誰しもがそうだと思います。
けして、現実的な判断をすることが悪ではなくそのまた逆も然りです。
最も重要なことはその決断に対して、当事者であるその人自身が納得をしているかどうかです。
自分自身の中でその決断に対して受容していなければ、その後の結果に対して納得することができず、環境や他者に対して不平不満を垂れるようになるのです。
あくまで人生は、誰のものでもなくその人自身のものです。
そうであれば、なすべきことは“どうしたいのか”ということを自問自答することです。
両親や学校の先生、塾の先生達はあくまで希望を叶えるための方向性や方法を提示することしかできないのです。
受験というものは、あくまで通過点に過ぎずその後の時間の方が遥に重要であり長いのです。
理想を具現化していく為には、とどのつまり自分自身がどうしたいのかというところに帰結します。

人生という時間軸において現在はあくまで点に過ぎません。また、過去も点に過ぎません。「〇〇だったから…」ということは、一時点における現象に過ぎないのです。
未来は不確実性を孕んでいます。そこに漸進性を少しでも付加するためには、現在の行動が必ず影響を与えます。ですから、行動如何にして移していくのかが重要です。
その所の引き金となるのが、動機づけ即ち“どうしたいのか”という純粋な感情です。

 かのアメリカ合衆国第35代大統領ジョンFケネディは“我が同胞アメリカ国民よ、国が諸君のために何が出来るかを問うのではなく、諸君が国のために何が出来るかを問うてほしい。”
大統領就任式の演説の中でこのように述べています。
あくまで国民に対してスピーチではありますが、その一節における

“諸君のために何が出来るかを問うのではなく、諸君が国のために何が出来るかを問うてほしい。”

この言葉は状況や立場は異なれど非常に意義深いものだと思います。

「誰かや何かに何かを求めるのではなく、自分自身がありたい姿になるためにどうしていくのか・どうしたいのか」
このことが人生において大変重要なものであることを認識してほしいですし、私自身も常に心掛けていきたいと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

もう、秋…えっ、秋が来た!?

個別指導塾の学習空間、伊勢崎西・前橋総社教室の遠藤です。

気づけば10月がもうすぐで今年も残り3か月ということに驚きが隠せません。

秋ということで涼しくなったような、まだ暑い日があったりと難しい気温ですね。ふと去年のブログをみたら去年は食欲の秋にするぞーと意気込んでいましたね、いろんなものを食べたような気がします。。。うーん、食べたと思います。。。意外と覚えてないから食べてないのかもしれませんッ。。。

ということで、今年こそは!!今年こそは食欲の秋にします!!
ちょっぴり贅沢をしてみようと思います!!

さて、中間テストがもうすぐやってきます!しっかり準備して頑張りましょう!しっかりサポートしますからね★

群馬の塾なら個別指導の学習空間