学習空間

大学で何を学ぶか

学習空間高崎筑縄,前橋大島教室の清水です。緊急事態宣言の5月末までの延長が決まりましたが,いかがお過ごしでしょうか?引き継ぎ不要不急の外出を避けるとともに,マスク着用,手洗い,うがい,手指消毒…等,引き続き感染防止に万全を期しましょう。長引く自粛要請により,かなり疲弊している生徒が大多数だと思いますが,自分の命,周りの人の命を守るため,そして1日も早く日常生活を取り戻すため,今はもう少し我慢しましょう。

先日大学入試の長文問題でマイクロファイナンスに関する文書を目にし,ふと大学時代のことを思い出しました。マイクロファイナンスとは,信用がなく従来銀行で融資を受けることのできない貧困層が,グループで貯蓄を行い,その貯蓄額に応じてグループで融資を受けるというものです。最近は中学校の社会の教科書や,高校のコミュ英の教科書でも取り上げられるようになりました。

私は大学時代地域社会学を専攻し,マイクロファイナンスについてタイの貧困層を含むコミュニティを事例に研究していました。

タイは元々農業国でしたが,1960年代に商業国を目指そうという国策が出されます。バンコクの港での荷物の積み下ろしが主な仕事でしたが,農村から仕事を求め人が流入し,1970年代になると,住宅の供給が人口に追いつかなくなってスラムが形成されていきます。

1980年代になると,政府はスラムの強制撤去に乗り出しますが,異なる場所に新たなスラムが形成され,失敗に終わります。

1990年代になると,政府はスラムの強制撤去をやめ,都市コミュニティ開発機構(UCDO)が中心となり,スラムの改善へと政策を転換しました。UCDOの支援の下,住民はグループで貯蓄を行い,信用を得,グループで融資を受け,居住環境の改善を行っていきます。

2000年にUCDOは農村開発基金(RDF)と合併し,コミュニティ開発機構(CODI)へと改組され,ボトムアップ型の開発を行っていきます。

2000年時点でタイには2000ものスラムコミュニティがありましたが,その半分以上がUCDOのメンバーでした。それらは120のネットワークに参加し,経験や情報を共有し,住民主体の開発を加速させていきます。

この活動はバーンマンコン・プロジェクトと呼ばれ,CODIのホームページによると,2003年から2018年でタイ77県中76県の405市町村に広がり,1,035のプロジェクトを実施し,105,739の貧困家庭がきちんとした,安全な,定住できる家を手にしたそうです。

大学を卒業して時が経った今でも時折タイを訪れますが,行くたびに大学時代を思い出すと同時に,また新たな発見があります。本当に楽しく充実した大学生活だったと思います。新型コロナの影響も長引きそうなので,次はいつ行けるでしょうか?

大学受験生は入試改革,長引く休校で不安でしょうが,こんなときだからこそ,何のためにこの大学に行くのか,大学で何をやりたいのか自分に問いてみてください。そして嫌なニュースを忘れるくらいど真剣に勉強してください。それがストレス解消につながります。何をいつまでにどれくらいのペースでやるかはそれぞれの教室の先生が親身になってカリキュラムを組むので,安心してください。

1日の進歩は小さなものかもしれない。しかし日々の進歩が大きな成果になる!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

0.01%以下!

個別指導塾の学習空間高崎足門、伊勢崎西教室の酒田です。

数か月前、ついにiPhoneデビューを果たしました。最新の「11」にしたのですが、その使いやすさに驚いています。前の機種までは容量が100GBにも満たなかったため、一度に取れるアプリの数に限りがあったのですが、今では取り放題に近い感覚です。

調子に乗ってゲームアプリも数タイトル遊んでみたのですが、そこで気がつきました。すぐに飽きてしまうことに・・・。『桃太郎電鉄』は1回、『太鼓の達人』は4回で飽きました。小さい頃は1日中やっていても飽きなかったのに・・・自分の成長がうれしいやらさびしいやら。ただ、今は他に熱中できることがいくつも見つかっているので、よしとしましょう。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

マーラー「復活」に想う

学習空間高崎筑縄,前橋大島教室の清水です。新型コロナウイルスの猛威も止まるところを知らないご時世ですが,いかがお過ごしでしょうか?手洗い,うがい,手指消毒,3密の回避等…今できることを徹底して行い,感染防止に万全を期しましょう。

さて,今年はベートーヴェン生誕250周年,マーラー生誕160年周年という記念する年に当たり,あちこちでコンサートが行われる予定でしたが,公演中止が相次ぎ,ショックを受けています。そんな中,NHKEテレの番組で,マーラーの交響曲第2番「復活」が演奏されていました。

マーラーはかねてから尊敬していた指揮者ビューローの葬儀に参列し,そこで歌われたクロプシュトックの賛歌「復活」に影響を受けたと言われています。

「汝はなぜ生きたか」,「汝はなぜ苦しんだか」というテーマが第1楽章で与えられ,その答えが第5楽章で「復活」という形で示されます。

Mit Flügeln, die ich mir errungen,
Werde ich entschweben!
Sterben werd’ ich, um zu leben! Aufersteh’n, ja aufersteh’n wirst du,
Mein Herz, in einem Nu!
Was du geschlagen,
Zu Gott wird es dich tragen!
(Klopstock/Mahler)

みずから得た翼をひろげ わたしは飛びゆく!
死にゆこう、生きるために!
よみがえる、よみがえるのだ
心よ、いまこのとき!
心よ、力あるはばたきが
おまえを神のもとへと運びゆく!
(クロプシュトック/マーラー)

「祈る」ということは普段あまり意識しませんが,新型コロナウイルスの猛威を前に,ただただ祈ることしかできない現実…今私たちがここにいることが非常に特別なことであると感じました。

新型コロナウイルスが終息した後,高らかにこの「復活」のテーマを歌い上げたいと思いました。一生のうち1度は歌ってみたいと思う楽曲です。

新型コロナウイルスが1日も早く終息し,誰もが平和な日々を送れますように。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

人生とは出会いと縁と別れ

個別指導塾の学習空間、前橋総社教室&前橋小出教室の畠山です!
もう3月も終わりを迎えるころですが
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

最近は世間的にも大変な時期を迎えていますが、
3月といえば別れの時期ですよね。

学校からの卒業、クラス替え、入学、就職など
さまざまな別れがあると思います。
今年は新型コロナによって最後の学校生活を自宅で過ごしたり、
卒業式も縮小して行ったりと寂しい思いをした卒業生も多かったと思います。

でもきっと4月からはまた新たに素敵な出会いもたくさんあると思いますし、
自分から連絡したり、会いに行ったりすることで、
これまでの友達や仲間ともずっと仲良しでいられると思います。

人生とは出会いと縁と別れです。出会ってから別れるまでの間に嬉しいことや悲しいことがあって、それを無事に越えていくことが生きるということ、です。

…瀬戸内寂聴さんもそう仰ってました(笑)

『学生のうちの友達は一生の友達』とよく言われていますが、
本当にその通りだと思うので、みなさんも大事にしてくださいね‼☆

群馬の塾なら個別指導の学習空間

The Sun Will Rise Again.

学習空間高崎筑縄,前橋大島教室の清水です。新型コロナウイルスが日本全国に広まり,さらなる感染拡大が心配されますがいかがお過ごしですか?お互いに引き続き体調管理には十分注意していきましょう。
学習空間ではマスク,アルコールの常備,指導前後のドアノブ等のアルコール消毒,講師のマスク着用等,万全の態勢で感染防止に努めておりますので,ご安心ください。

さて,明日から3月です。例年ですと私はプレ春休みを利用して遠出をすることが多いのですが,今年は新型コロナウイルスの世界的流行の影響で断念しました。9月のシルバーウィークに状況が改善していたら改めてリベンジしたいと思います。

指導後に中3生と話をしていたのですが,今年の中3生が小学校に上がる前の3月に東日本大震災があったのですね。あの時は本当に怖い思いをしたことでしょう。3.11の時もそうでしたが,このような非常事態を目の当たりにすると,普段当たり前だと思っていたことが実は当たり前ではないことに気づかされます。毎日当たり前のように通う学校も,今年は多くの大多数の学校で臨時休校になり,卒業式も在校生がいない中で行われる学校が多いようです。普段当たり前のように手に入るマスクやアルコール,ティッシュペーパーやトイレットペーパーまでもが手に入らない状況。自然や経済のに対する人間の無力さをつくづく感じます。しかしどんなに困難な状況であっても皆で手を取り乗り越えられる強さが人間にはあります。今ある環境に感謝し,身のまわりの人や物をより一層大切にし,困難を乗り越えていきたいと思う次第です。

皆々様の健康と平和を心よりお祈り申し上げます。

The Sun Will Rise Again. 陽はまた昇ると信じて…

群馬の塾なら個別指導の学習空間

花粉、襲来

個別指導塾の学習空間、前橋総社&前橋小出教室の畠山です!
最近2月らしくない暖かい日が続いていましたが
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

僕は最近徐々に辛い日々を迎えようとしています。
………そう花粉です。
この時期から5~6月くらいまでずっと花粉に悩まされるんです。
今はまだ「若干鼻がむずむずするかなー?」くらいですが
そのうちくしゃみが止まらなくなるんです。
悲しいことにこんな文章を書いているだけでくしゃみが出そうです(笑)

今年も薬でなんとかこの時期を乗り切ります!
教室の生徒でも花粉でつらそうな生徒を見かけますが
一緒に乗り切りましょうね☆

花粉に負けるな!!(笑)
花粉だ、鼻炎だ、ア〇ーグラー!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

初回の前期対策講習お疲れ様でした

学習空間高崎筑縄,前橋大島教室の清水です。公立高校前期入試,私立大学入試が近づいていますが体調はいかがですか?インフルエンザや,中国をはじめ新型コロナウイルスによる肺炎もはやり出しているので,テレビや新聞等で正しい情報を入手し,予防に努めましょう。やはり手洗い,うがい,マスク,アルコール消毒は欠かせませんね。

さて,今日は高崎労使会館で,初回の前期対策講習を行いました。私は集団面接の担当だったのですが,どの生徒からも,面接内容を一生懸命考え,それを真剣に伝え,「この高校に合格したい!」という思いがビシビシ伝わりました。もちろん今日は初回ということもあり,完成度としてはまだまだの生徒も多く,厳しいコメントを書いてしまった生徒もいました。しかし,「まだまだ伸びるよ!」,「今はまだまだだけど,入試当日には絶対に自信を持って面接に臨めるようになるよ!」,そんな思いでコメントを書きました。どうか先生達からの愛の鞭だと思って,面接内容にさらに磨きをかけてください。

私としてはどの生徒も全員合格させてあげたいです。しかし前期入試は後期入試に比べて倍率が高いため,結果が出ない生徒も少なからずいます。そこで周りと比較し,「自分はダメだ…」とネガティブな思考に陥ってしまう生徒もいます。しかし,他人ではなく,自分が今までと比べてどれだけ成長できているかを意識し,昨日より今日1mmでも前に出ようとする気持ちは絶対に持っていてほしいと思います。それが自信の成長につながります。これは入試だけでなく,これから人生においても言えることです。入試はその第一歩。一緒に夢の実現に向けて突っ走っていきましょう!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

寒い冬と寂しい懐

個別指導の学習空間、前橋総社&前橋小出教室の畠山です!
2020年も始まってもう2週間ほど経ちましたが
みなさまいかがお過ごしですか?

僕は今年初めて親戚の子供たちにお年玉をあげたんですが
その結果ちょっとお財布の中がさみしいことになってしまいました。。。
クリスマスから年末、そしてお正月とイベント事がたくさんあることで
なにかとお金がかかることが多いですよね。
そして今年からお年玉もあげて…と。
世の大人の方々がどれだけ大変な思いをしていたか
痛感したお正月でした(笑)

さて今週末はいよいよセンター試験ですね!
高校3年生にとって最初の関門だと思いますので
今までやってきたことを全力で出せるように頑張りましょう!!

中学3年生も前期入試までもうひと月きりましたね!
一日一日を大事に過ごしていきましょう☆

受験生FIGHT!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

A rolling stone gathers no moss.

学習空間高崎筑縄,前橋大島教室の清水です。朝晩の体の寒暖差が激しいですね。インフルエンザも流行りだしているので,引き続き体調管理には十分注意していき
ましょう。

先日英語長文に”A Rolling stone gathers no moss.”ということわざが出てきました。日本語に訳すと”転石苔むさず。”もともと,「普段からよく動き回る人は災難が起こらない。」という意味で使われていました。

ところが,このことわざが日本に伝わると,「落ち着いてじっとしていると,良いことに巡り合う」という意味で使われるようになりました。

今,武満 徹の曲を聴きながらブログを書いていますが,音楽においても西洋が割り切れる厳格なリズムを好むのに対し,日本では割り切れない静かに呼吸するような曖昧なリズムを好みます。やはり日本人だからでしょうね。笙と弦楽器の静かに呼吸するようなリズムが非常に心地良く響いてきます。

このように言葉や芸術というのは文化や習慣によってまったく異なってくるのですね。時間のある時にもう少し勉強してみようと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

理想と現実

個別指導塾の学習空間、伊勢崎東・前橋大島教室の古川です(‘^’)

あっという間に今年1年も残り1か月半となりました。
今年やり残したことは、今年の内に後悔のないようにやっておきたいですね。

さてさて、これからいよいよ受験シーズンに突入していきます。
今学校では多くの受験生たちが、三者面談を終えられていたり、これから実施されたりと色々だと思います。
面談の中で実際に自分自身の志望校を絞っていくことになるのですが、その中で担任の先生から「〇〇高校/△△大学の方が安心だから…」「現状厳しいからこっちの学校にすればどう?」
といった形で志望校を変更する場合もあるのではないでしょうか…?

理想と現実は往々にして異なります。それは誰しもがそうだと思います。
けして、現実的な判断をすることが悪ではなくそのまた逆も然りです。
最も重要なことはその決断に対して、当事者であるその人自身が納得をしているかどうかです。
自分自身の中でその決断に対して受容していなければ、その後の結果に対して納得することができず、環境や他者に対して不平不満を垂れるようになるのです。
あくまで人生は、誰のものでもなくその人自身のものです。
そうであれば、なすべきことは“どうしたいのか”ということを自問自答することです。
両親や学校の先生、塾の先生達はあくまで希望を叶えるための方向性や方法を提示することしかできないのです。
受験というものは、あくまで通過点に過ぎずその後の時間の方が遥に重要であり長いのです。
理想を具現化していく為には、とどのつまり自分自身がどうしたいのかというところに帰結します。

人生という時間軸において現在はあくまで点に過ぎません。また、過去も点に過ぎません。「〇〇だったから…」ということは、一時点における現象に過ぎないのです。
未来は不確実性を孕んでいます。そこに漸進性を少しでも付加するためには、現在の行動が必ず影響を与えます。ですから、行動如何にして移していくのかが重要です。
その所の引き金となるのが、動機づけ即ち“どうしたいのか”という純粋な感情です。

 かのアメリカ合衆国第35代大統領ジョンFケネディは“我が同胞アメリカ国民よ、国が諸君のために何が出来るかを問うのではなく、諸君が国のために何が出来るかを問うてほしい。”
大統領就任式の演説の中でこのように述べています。
あくまで国民に対してスピーチではありますが、その一節における

“諸君のために何が出来るかを問うのではなく、諸君が国のために何が出来るかを問うてほしい。”

この言葉は状況や立場は異なれど非常に意義深いものだと思います。

「誰かや何かに何かを求めるのではなく、自分自身がありたい姿になるためにどうしていくのか・どうしたいのか」
このことが人生において大変重要なものであることを認識してほしいですし、私自身も常に心掛けていきたいと思います。

群馬の塾なら個別指導の学習空間